スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

高田の本町商店街であれこれ用事を済ませた後は、本町2丁目のもちや菓子店さんでひとやすみ。
 


「レルヒ一本杖しるこ」は一杯300円。
焼きたてのお餅が入ったつぶあんのお汁粉です。お茶とお漬物もついてますよ。
 


上越市は日本のスキー発祥の地。レルヒ少佐によって伝えられたその技法は“一本杖スキー”だったとか。それにちなんだメニューということで、お箸ではなく竹串の“一本杖”でいただきます。
 

あったか、とろーり。いただきまーす。


お餅もあんこもとってもおいしいもちやさん。そんなわけでこのお汁粉もおいしくないわけがありません。甘くてあったか、ほっこりしますよ。
ちょいと立ち寄って食べていけるのも嬉しいですね。うんうん。
 



もちや菓子店
新潟県上越市本町2-1-6
025-523-3270
9:00~18:00
定休日 水曜
http://www.motiya.jp/


 

スポンサーサイト
そとごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

んではSAKEまつり二日目に食べたもの。
 

奥がきなこ、手前が大根おろし(1パック100円)。


つきたてのお餅です。吸い寄せられるように近づいて買っちゃいました。お餅大好きなもので。
 


ごんごん潰して、ぺったんぺったん。どんどんつきますよー。
糠釜で蒸かしたもち米のいい香りがふわーっとあたりに漂います。
子供のころ、このお餅になる前の蒸かしたてのもち米がすんごい好きで、よくつまみ食いしては怒られていたことを思い出しました(w
(この食い意地は昔からだったんかい…orz)
 

「生パスタのボロネーゼ」(300円)と「黒トリフ入り白ソーセージ」(一本400円)。


地元のフレンチのお店とイタリアンのお店(名前失念)のコラボ出店ブースで購入。
ボロネーゼはしっかりめに味付けされたトマトソースとチーズが生パスタによく絡まって、おつまみ兼主食にちょうどいい感じ。黒トリフ入りソーセージは「ブタンブラン」って名前でした。でっかいので友人と半分こで。ぷりっと肉々しくてウマー。
どちらもおいしかったです。満足。
 


霧ヶ岳温泉 ゆあみの「うらがわらン・コシヒカリアイス」(300円)。ラムレーズンのシングルです。
画像の背景、お昼過ぎだというのにこの暗さ。雨も止みそうにありません。それでもアーケードがあるのでずぶ濡れにはならずに過ごせます。屋外イベントは天候に左右される部分が大きくて大変ですね。
 


お土産に友人のイチオシ、毘沙門店さんのイベント限定玉こんにゃくを購入して帰宅。
こんにゃくにしっかりと味が染み込んでいて、さらにピリッと効いてるとうがらしがとってもイイ!家族にも好評でした。
 


そんなわけで二日間にわたって上越の味覚を存分に堪能させていただきました。どれもみんなおいしかったです。とっても楽しい二日間でした。
 
すんごい遅いイベントレポとなりましたが、ここまでおつきあいくださってありがとうございました。
お祭りバンザイ!また来年も楽しみにしてますねー。
 



越後・謙信SAKEまつり
http://kenshinsake.com/
 
霧ヶ岳温泉 ゆあみ(上越市ホームページ)
http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/kanko/onsen-ura-1.html
 
越後上越 毘沙門店(上越の特産物、米、味噌、大福などの販売)
http://www.bishamonten.co.jp/

そとごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

上越地域のお酒と食を心ゆくまで堪能できる秋の一大イベント、越後・謙信SAKEまつりに行ってきました。
 

10月22日(土)/一日目。


今年で6回目となるこのイベント、毎年とっても楽しみにしています。といっても私は下戸なので、お酒はほとんど飲めないんですが…(もったいない)
 


一日目はまあまあのお天気。
 

「ようこそ!」そして「今年も楽しんでいって下さいネ!」


イメージキャラクターの歌瀬 吟ちゃん。牛木義隆先生のメッセージ付き特大パネルでお出迎え。
 
地元18銘柄のお酒が好きなだけ試飲できるとあって、会場内はすでにほろ酔い気分のお客さんでいっぱい。蔵元さんのブースもずらりと並んで、なかなか壮観な眺めです。
 


おいしそうな食べ物を揃えたブースもいっぱいで、さっそくあれこれ存分に楽しみたいところなんですが、今日は試飲グラスとお土産の購入だけなのです。
 
そんなわけで一日目に買ったもの。
 

焼きえび(2本100円)。頭からしっぽまで全部食べられます。


おとなりの妙高市の名産品、妙高ゆきエビの串焼き。ぱりぱり香ばしくてとってもおいしいのですコレ。
 

新登場のB級グルメ?「ぱくりっこ」(1個200円・2個300円)。


「ぱくりっこ」はメギスのすり身を衣にした揚げおにぎり。沖縄の郷土料理からアイディアをパクり…いやいや着想を得て考案されたんだとか。
 
上越タウンジャーナルの紹介記事
アイデアをパクり、食べてパクリ「ぱくりっこ」
 
ぴりっとした味付けがメギスのすり身の衣と良く合ってます。なかなかおいしい。でも普段あんまり揚げ物を食べない身には少々重かったです…orz
(ごはんの揚げ物なんだから、そりゃまあね…)
 


あとはイベント限定品の「まつりSAKE」を手に入れて、一日目はおしまい。
二日目はゆっくり食べ歩きますよっ。
 



越後・謙信SAKEまつり
http://kenshinsake.com/
 
妙高雪国水産株式会社(妙高ゆきエビの生産・販売)
http://yukiebi.sakura.ne.jp/
 

そとごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

花ロードの開催期間中はおいしいものもたくさんありました。
 

おいしい野菜が花に変身。いやこれは食べないけど。


そんなわけで当日に食べたり買ったりしたもの。
 


高田農業高校プロデュースの「山カフェ」。
学生さんたち考案のおからや炭などを使ったメニューが色々。
 

米粉と炭を使った「まぼろしのロールケーキ」(100円)。
 

さつまいもの風味を生かした「いもンブラン」(200円)。


ケーキ全品制覇したかったけど無理なので二品だけ。どちらもとってもおいしかったです。
 
それから竹内泰祥堂さんの「カステーラ」(500g入り600円)。
 


イベント限定販売のこのサイズ。リピーターの方も多いのでは?
 


しっとりほどよい甘さがクセになりますね。
 
イベントが盛りだくさんの3日間、どれも魅力的なのに時間がなくて、自分の身体がふたつあったらいいのになあとか思いましたよ。
ああ、そんでもって胃は四つあるといいかもしれない。
 



城下町高田 花ロード
http://hanaroad.honcho.jp/
 
新潟県立 高田農業高等学校
http://www.takadan-h.nein.ed.jp/
 
竹内泰祥堂
http://takeuchi-taishodo.jp/

…絵にするとあんまり違和感ないけどね。
 

そとごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

週の半ば、大町4丁目の町家カフェ うさぎ家さんで友人とまったりしてきたときのこと。
 

うさぎ模様の暖簾がいい感じ。


雁木通りの一角、町家を利用したカフェなのでお店のつくりも独特です。
入り口から奥へと続くのは、薄暗く細長い廊下とやさしい明かり。
 


町家のつくりと古い木のにおいのせいなのか、なんだか懐かしい感じがします。
ごはんができるまでの間は友人とおしゃべりしたり、たまたま開催されていた「上越写真部 町家de写真展」の展示作品を眺めたりなんかしつつ、のんびりと。
 


ランチタイムだったんですが私はこれ。抹茶のシフォンケーキとホットコーヒーです。
淹れたてのコーヒーがとってもおいしい。
 


甘さ控えめの抹茶シフォンケーキとコーヒーの相性は抜群でした。
 
なんだか自分の家でくつろいでいるような気持ちになってくるお店です。
この日はちょっと混んでいて忙しかったらしく、かなりのんびり待たせてもらいましたよ(w
居心地が良くってまったりできました。ごちそうさまでしたー。
 



町家カフェ うさぎ家
新潟県上越市大町4-4-10
025-522-1125
11:30~17:00
定休日 土、日曜 祝日
  
口コミグルメサイト「食べログ」の紹介記事
http://r.tabelog.com/niigata/A1503/A150301/15010847/

こんな気持ちになったのは内緒の話(w
 

そとごはん | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。