スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

川渡餅の思い出

2011/12/04 Sun 10:36

川渡餅はこしあん派の我が家です。
 


そんでもって定番は本町2丁目のもちや菓子店さんと、南本町3丁目の滝本菓子店さん。
 

もちやさんの。


つぶあんとこしあん、どちらも一個105円。どのお店で買っても同じお値段です。
 

奥(左)が大杉屋惣兵衛さんの。手前(右)は滝本菓子店さんの。


12月1日(乙子の朔日)に餅をついて食べると水難を免れるという縁起にちなみ、上杉謙信公が川中島の合戦に臨む際、兵士たちに餅を振る舞い士気を高めたのが川渡餅の由来なんだとか。
上越市内では学校給食にも出されたりする縁起菓子だったりします。
 


最近はどうだかわかりませんが、私が子どものころは大ジャンケン大会の日でもありました(w
 



川渡餅とは(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E6%B8%A1%E9%A4%85 

和菓子 | コメント(0) | トラックバック(2)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
川渡餅はこしあん派の我が家です。  そんでもって定番は本町2丁目のもちや菓子店さんと、南本町3丁目の滝本菓子店さん。  もちやさんの。 つぶあんとこしあん、どちらも一個105円。どのお店で買っても同じお値段です。  奥(左)が大杉屋...
川渡餅はこしあん派の我が家です。  そんでもって定番は本町2丁目のもちや菓子店さんと、南本町3丁目の滝本菓子店さん。  もちやさんの。 つぶあんとこしあん、どちらも一個105円。どのお店で買っても同じお値段です。  奥(左)が大杉屋...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。