スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

川渡餅の思い出

2011/12/04 Sun 10:36

川渡餅はこしあん派の我が家です。
 


そんでもって定番は本町2丁目のもちや菓子店さんと、南本町3丁目の滝本菓子店さん。
 

もちやさんの。


つぶあんとこしあん、どちらも一個105円。どのお店で買っても同じお値段です。
 

奥(左)が大杉屋惣兵衛さんの。手前(右)は滝本菓子店さんの。


12月1日(乙子の朔日)に餅をついて食べると水難を免れるという縁起にちなみ、上杉謙信公が川中島の合戦に臨む際、兵士たちに餅を振る舞い士気を高めたのが川渡餅の由来なんだとか。
上越市内では学校給食にも出されたりする縁起菓子だったりします。
 


最近はどうだかわかりませんが、私が子どものころは大ジャンケン大会の日でもありました(w
 



川渡餅とは(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E6%B8%A1%E9%A4%85 

和菓子 | コメント(0) | トラックバック(2)

週4日間のみ営業のベーカリー、Petits(プティ)さんの「食パン」と「ベーグル」です。
 

食パン一斤250円、ベーグルは一個150円。


自家製酵母と国産小麦やてんさい糖など、こだわりの材料を使って作られたパンはどれもシンプルで、材料そのものの味が素直にまっすぐ伝わってくる気がします。どのパンもとってもおいしいのですよー。大好きなパン屋さんです。
 


素朴な食事パンが食べたかったので、食パンとベーグルを。
 


切りました。食パンの耳はパリッと香ばしく、中はフワッとしっとりしてます。口に入れると小麦の香りと滋味がじんわりと広がる感じ。天然酵母パンにありがちな酸味や雑味がなく、とても食べやすくておいしいです。ベーグルは表面むっちりですが重すぎない程度の食べごたえですよ。
ああ、んまいなあ…って、あー。
 


パンそのものの味を楽しんでるうちに完食しちゃうんですよね…(ダメじゃん)
というわけで、ベーグルサンドになるかもしれなかった具材はおかずとして普通に食べました。
 


ベーグルサンド作りたいならせめて横向きにスライスしなさいよまったく。
そのまま食べる気満々だったんじゃないですか(w
このベーグルならきっとどんな具材とも合いますよ。いつか必ず作りますハイ。
 



手作りパン・ケーキの店 Petits
新潟県上越市大和5-10-1 渡辺酒店内
025-524-2997
10:00~なくなり次第終了
定休日 日、月、火曜
 
Petits(プティ) 家庭料理、パン、ケーキ作りの記録(オーナーシェフさんのブログ)
http://blog.goo.ne.jp/petits_1994
 


◆関連記事
Petitsのシンプルパン
Petitsの「クロワッサン」
 

お米・パン | コメント(0) | トラックバック(0)

高田の本町商店街であれこれ用事を済ませた後は、本町2丁目のもちや菓子店さんでひとやすみ。
 


「レルヒ一本杖しるこ」は一杯300円。
焼きたてのお餅が入ったつぶあんのお汁粉です。お茶とお漬物もついてますよ。
 


上越市は日本のスキー発祥の地。レルヒ少佐によって伝えられたその技法は“一本杖スキー”だったとか。それにちなんだメニューということで、お箸ではなく竹串の“一本杖”でいただきます。
 

あったか、とろーり。いただきまーす。


お餅もあんこもとってもおいしいもちやさん。そんなわけでこのお汁粉もおいしくないわけがありません。甘くてあったか、ほっこりしますよ。
ちょいと立ち寄って食べていけるのも嬉しいですね。うんうん。
 



もちや菓子店
新潟県上越市本町2-1-6
025-523-3270
9:00~18:00
定休日 水曜
http://www.motiya.jp/


 

そとごはん | コメント(0) | トラックバック(0)

銘菓「養老」でおなじみ、妙高市の養老本舗 池田屋さんの「豆大福」ですよー。
 

5個入り800円です。バラ売りも可(1個160円)


本当は5個入りのものを買うつもりだったんですが諸事情により3個で。
(手みやげにいっぱい買ったら懐がさみしくなったという…orz)
それはさておき、この豆大福は秋の限定商品。10月から11月中旬くらいまでの期間です。ちょうど「おたや」の頃ですね。
 


大福としては少々高めのお値段。でもそれだけ上品で贅沢な一品だと思います。
えんどう豆に(もちとり粉にも?)ほんのりと塩味がついていて、この「ほんのり」なしょっぱさがとっても良い塩梅。そんでもってお餅はたっぷり柔らか、もっちもちです。これはおいしい。たまらなくおいしい。
 


固くなるともったいないかなと思って、つい…。
いやあ、なんとも幸せなひとときでした。ごちそうさまでしたー。
 



養老本舗 池田屋
新潟県妙高市下町4-12
0255-72‐2074
9:00~17:30
定休日 日曜日、第1・第3月曜日
 
妙高市新井地区の商店街ポータルサイト 街ナビあらいの紹介記事
http://www.117arai.info/shop.php?id=47 

和菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)

んではSAKEまつり二日目に食べたもの。
 

奥がきなこ、手前が大根おろし(1パック100円)。


つきたてのお餅です。吸い寄せられるように近づいて買っちゃいました。お餅大好きなもので。
 


ごんごん潰して、ぺったんぺったん。どんどんつきますよー。
糠釜で蒸かしたもち米のいい香りがふわーっとあたりに漂います。
子供のころ、このお餅になる前の蒸かしたてのもち米がすんごい好きで、よくつまみ食いしては怒られていたことを思い出しました(w
(この食い意地は昔からだったんかい…orz)
 

「生パスタのボロネーゼ」(300円)と「黒トリフ入り白ソーセージ」(一本400円)。


地元のフレンチのお店とイタリアンのお店(名前失念)のコラボ出店ブースで購入。
ボロネーゼはしっかりめに味付けされたトマトソースとチーズが生パスタによく絡まって、おつまみ兼主食にちょうどいい感じ。黒トリフ入りソーセージは「ブタンブラン」って名前でした。でっかいので友人と半分こで。ぷりっと肉々しくてウマー。
どちらもおいしかったです。満足。
 


霧ヶ岳温泉 ゆあみの「うらがわらン・コシヒカリアイス」(300円)。ラムレーズンのシングルです。
画像の背景、お昼過ぎだというのにこの暗さ。雨も止みそうにありません。それでもアーケードがあるのでずぶ濡れにはならずに過ごせます。屋外イベントは天候に左右される部分が大きくて大変ですね。
 


お土産に友人のイチオシ、毘沙門店さんのイベント限定玉こんにゃくを購入して帰宅。
こんにゃくにしっかりと味が染み込んでいて、さらにピリッと効いてるとうがらしがとってもイイ!家族にも好評でした。
 


そんなわけで二日間にわたって上越の味覚を存分に堪能させていただきました。どれもみんなおいしかったです。とっても楽しい二日間でした。
 
すんごい遅いイベントレポとなりましたが、ここまでおつきあいくださってありがとうございました。
お祭りバンザイ!また来年も楽しみにしてますねー。
 



越後・謙信SAKEまつり
http://kenshinsake.com/
 
霧ヶ岳温泉 ゆあみ(上越市ホームページ)
http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/kanko/onsen-ura-1.html
 
越後上越 毘沙門店(上越の特産物、米、味噌、大福などの販売)
http://www.bishamonten.co.jp/

そとごはん | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。